研究群長メッセージ

 

数理物質科学研究群は、理学(数学、物理学、化学)とそれに密接に関わる工学(計測学、エレクトロニクス、材料科学)が一体となった大学院です。理学は、自然の真の姿を根本から理解することから人類を支える学問体系で、これを蔑ろにしては、人類の健全な発展が妨げられることになります。一方、本研究群における工学分野で対象としているのは、理学の研究成果をすぐに活用できるようにする技術分野です。ある意味、理学の研究成果のおこぼれに預かる安直な方法をとっただけと見えるかもしれません。しかし、直接、理学の研究成果をすぐに実社会に活かすことは、社会の発展にとって大きなメリットがあるのは当然ですが、応用研究が身近にあることが理学研究を活性化する大きな推進力になっています。また、工学の発展によって、これまで観測できなかったものが観測できるようになる、より高精度に簡単に計測できるようになることから、理学の発展においても、関連する工学は不可欠なものです。すなわち、双方向で互いに強化する関係があります。

 

新しいイノベーションは、異なる分野の境界領域で多く生まれる、あるいは異なる分野間の相互作用によって起こることはよく知られています。理学的発想と工学的発想が結びつくことで、さらにイノベーションの生まれやすい環境になります。今年度から、筑波大学の大学院は学位プログラム制に移行しました。時代の変化に対応して、教育体制を柔軟に改編できるようになりました。近くにあり密接に連携することで今まで思いも寄らなかった研究分野が結びつくこともあり得ます。本研究群で標榜する理学分野と工学分野の強い結びつきが効果的に機能する、新たな体制ができたといえます。

 

大学院生にとって、特定の分野で学問を究めることはもちろん重要で、それがあっての修士、博士です。ただし、世の中はめまぐるしく変化しており、それだけでは不十分です。1つの学問分野だけではなく、理学・工学の枠を越えた異なる分野を意識すること、関連分野の授業に参加してみること、さらには、学問体系が影響し合う、ダイナミックに変化する現場に身をおくことは、今後にむけての大きな糧になると期待できます。本研究群は、これを実践しやすい環境にあるということです。学生の皆さんには、この環境を活かし、次の世界を牽引するリーダーに育つことを願っています。

数理物質科学研究群長
佐々木 正洋