リサーチユニット

数理物質系リサーチユニット一覧

高度制御量子ビーム

代表者:物理学域・准教授 笹 公和

本研究グループは、高度制御量子ビームを用いて研究をおこなう数理物質系及び生命環境系の教員から形成される。つくば地区における研究機関連携を進展させながら、量子ビーム科学の研究を世界規模で展開すると共に、研究教育と産学連携の拠点形成を視野に入れた新たな学際領域を開拓することを目的とする。

量子ビーム

代表者:物理学域・教授 守友 浩

筑波大学の数理物質系の教員を中心として、KEK放射光施設・中性子施設を高度利用し、物質科学の新しい展開を切り開く。さらに筑波大学ーKEKとの組織間の連携を強化し、物質科学の教育研究拠点を目指す。

クォーク・グルーオン・プラズマ(QGP)

代表者:物理学域・准教授 江角 晋一

http://utkhii.px.tsukuba.ac.jp/
高エネルギーの重イオン衝突実験を行い高温・高密度の宇宙初期の状態を再現し、陽子やπ中間子等のハドロンが作られる前のクォーク・グルーオン・プラズマ(QGP)状態を作り出し、その性質を研究する。

極限量子計測・量子生命科学

代表者:物理工学域・教授 重川 秀実

数理物質系,医学医療系の教員,他機関の研究者の連携により,量子光学や走査プローブ顕微鏡法などの先端技術を融合した新しい極限量子計測法を開拓し,無機材料から生体材料に亘る量子機能の探索・制御を展開する。

有機無機スピンエレクトロニクス

代表者:物質工学域・准教授 
丸本 一弘

http://www.ims.tsukuba.ac.jp/~marumoto_lab/index.html
本リサーチユニットでは有機無機材料・デバイスを対象とし、電子スピン共鳴(ESR)分光等を活用してオペランドスピン解析等を実施し、分子・原子レベルの微視的な観点から研究を進め、高機能有機無機デバイス開発を目指すことを目的とする。

※リサーチユニットは大学HPでも公開